『エターナル・サンシャイン』

c0017295_917351.jpg

『エターナル・サンシャイン』
監督: ミシェル・ゴンドリー(2004年・米)
脚本: チャーリー・カウフマン
出演: ジム・キャリー、ケイト・ウィンスレット、キルスティン・ダンスト、マーク・ラファロ、イライジャ・ウッド、トム・ウィルキンソン 他



見ました。『エターナル・サンシャイン』

『ヒューマン・ネイチュア』に続く、ミシェル・ゴンドリーとチャーリー・カウフマンのコンビのこの作品。カウフマンの作品は『マルコビッチの穴』、『アダプテーション』に続き3作目の鑑賞でしたが、私的にはかなり好きです。この作品。



あらすじは
バレンタインデーを目前にしたある日、ジョエル(ジム・キャリー)は不思議な手紙を受け取った。そこには、最近ケンカ別れしてしまった恋人クレメンタイン(ケイト・ウィンスレット)についてこう書かれていた。“クレメンタインはジョエルの記憶を全て消し去りました。今後、彼女の過去について絶対触れないようにお願いします。ラクーナ社”。仲直りしようと思っていた矢先にそんな知らせを受け、立ち直れないジョエル。そして彼も、彼女との記憶を消すことを決意し、ラクーナ医院を訪れる。そこでは、一晩寝ている間に脳の中の特定の記憶だけを消去できる施術を行なっていた…。



設定的には「記憶が消せる」といカウフマン得意のありえねー設定だったんですけど、(カウフマンって脳内いじる設定すきだよね^^;)序盤の一言一言が、後につながってきて「あ~そういうことか!」みたいになってなんとも不思議なラブストーリーでした。これ以上はちょっと言えませんが、この不思議な記憶逆戻し恋愛。あなたもごらんになってみてはいかが!?
[PR]

by s-bill | 2005-05-03 08:52 | 映画(ドラマ)  

<< 九十九ラーメン GW >>