『道』

c0017295_18192581.jpg
『道』(1954 イタリア)

監督: フェデリコ・フェリーニ
出演: ジュリエッタ・マシーナ, アンソニー・クイン, その他





イタリアの巨匠、フェデリコ・フェリーニの代表作『道』をこの前見ました。

私はあまり古い映画は見ないので、フェリーニ作品もこれが初でした。


あらすじは・・・

サーカスの芸人世界に憧れるフェリーニが、大道芸人のわびしい浮浪生活を描いた作品。頭の弱いジェルソミーナは、夫ザンパノの女と酒、暴力三昧の生活で自信を失い、何度も彼のもとから逃げようとする。そんな時、ある青年に出会う。ジェルソミーナは彼によって勇気づけられ、夫と生きていくことを決心する。しかし、ザンパノが青年を殺してしまったことから、事態は変わっていく…。




映像は確かに古いです。50年以上も前のモノクロ映画だから当たり前なんだけど。
だけど中身は予想以上のものを感じ取れた。ほんと切ないです。

不器用なザンパノ。
それにけなげについていく、ジェルソミーナ。
一生懸命励ます綱渡りの青年。
なくしてみて初めてわかる、失ったものの大切さ。

この映画が50年たった今でも「名作」といわれているのが、わかったような気がします。


【心に残ったセリフ】
「小石だって役に立っている。君だって、きっと誰かの役に立っている。この小石が無益だと言うのなら、すべてが無益だ」
[PR]

by s-bill | 2005-07-11 09:21 | 映画(ドラマ)  

<< 『コーチ・カーター』 2004-2005 NBA フ... >>