『きみに読む物語』

c0017295_2192946.jpg
『きみに読む物語』(2004 アメリカ)

監督:ニック・カサベテス
出演:ライアン・ゴズリング、レイチェル・マクアダムス、ジーナ・ローランズ、ジェームズ・ガーナー



あらすじ
とある療養施設で、記憶をなくした初老の女性に定期的に会いに来て、若い男女のラブストーリーを話してきかせる老人がいた。その物語は、1940年、ある夏に出会い恋に落ちたアリーとノアの物語。しかし身分の違いがふたりを引き裂き、アリーとノアは別々の人生を歩むことになるが…。



少し前に見たこの『きみに読む物語』。感想は一言。



すっごくよかった!


久々にいい純愛映画見ました。物語的には「ひと夏の恋→身分違いによる別れ→そして再会…」とよくあるパターンなんですが、飽きることなく最後まで楽しめましたし、じわじわと感動を覚えていきました。
特に主演の若い二人、ライアン・コズリングとレイチェル・マクアダムスはよかったですね。(特にレイチェル・マクアダムスはこの映画ですごいファンになりました!!)自分は二人ともほぼ初見だったのですが、若さにあふれ青春を謳歌する主人公にぴったりだったと思うし、またもう一組の主役を演じた、ジェームス・ガーナーとジーナ・ローランズも名優たるゆえんを発揮していたと思います。
特にジーナ・ローランズは監督のニック・カサヴェテスの実母であり、ニックはキャスティングの際にすぐ母を連想したのかな?ってちょっと思っちゃいました。

ラストのシーンも色々と賛否両論はあるみたいですが、直球がずっと続く物語の中で最後にちょっと変化球投げられた感じで、自分的にはありですし、心に残りました。


DVDでたらもう一回見ます!


[PR]

by s-bill | 2005-08-02 02:19 | 映画(ラブロマンス)  

<< 『デッドマン』 『アメリカの友人』 >>