『リンダリンダリンダ』

c0017295_2535846.jpg
『リンダリンダリンダ』(2005 日本)

監督:山下敦弘
出演:ペ・ドゥナ、前田亜季、香椎由宇、関根史織、三村恭代、湯川潮音、山崎優子、松山ケンイチ、小林且弥



あらすじ
とある地方都市にある芝崎高校。文化祭・ひいらぎ祭の前日に、恵(香椎由宇)、響子(前田亜季)、望(関根史織)の3人は途方に暮れていた。高校生活最後の文化祭のためにオリジナル曲を作って練習を重ねてきたのに、ギターの萌が指を骨折してしまったのだ。




そうそう、ちょっと前に見たんですよ。この作品。

もともと見る前から期待していたんですけど、期待通りよかったです。


文化祭を前にバンドの核であるギターの萌が骨折してしまい、オリジナルの曲ができなくなってしまった時に部室で見つけたブルーハーツのスコア。そこから「リンダリンダ」、「僕の右手」、「終わらない歌」の3曲をカバーしようという事に。

私自身ブルーハーツは好きでしたし、なによりバンド(ギター)をちょっとかじってやってた時にブルーハーツの曲をやった事あるので、妙に身近に感じました。
というか、この作品自体が高校生活の描写が秀逸で、かなりリアリティを感じて高校時代のことが、ふとよみがえって来たように感じたし。

内容自体にはこれといった激しい起伏があるわけではないんだけど、笑えるところも沢山あったし、高校生という「青春」を謳歌してる姿がよかったな~。
これ、女の子のバンドだったからよかったのかも。男だけのバンドだったら、あんなにくさいセリフはけません^^;

俳優陣もなかなかよかったですね。特に主役(ボーカル)の留学生を演じたぺ・ドゥナはよかったなぁ。実年齢は25歳らしいんだけど、普通に高校生に見えたし。3日間での日本語の上達ぶりも「うんうん」とうなづける程度だったし。歌も結構上手でした^^


少し残念だったのが(ちょっとネタばれします^^;)
劇中、一番練習してるシーンがでてた、「僕の右手」を最後の本番のシーンでやんなかったこと。そりゃあ話の流れで2曲しかできないのはわかったけど、せっかくだから3曲ともやって欲しかったな~。残念!!


でもこういう見終わった後の爽快感が気持ちいい映画はやっぱいいな。金かけてくだらんCG使いまくって「ふーん」って感じの映画なんかより100倍心に残るし。
もちろん最近見た映画の中ではかなりお気に入りの映画になりました~。もっと大きく扱われて、沢山の人に見てもらいたい作品です。
[PR]

by s-bill | 2005-09-01 02:54 | 映画(ドラマ)  

<< 『LAST GROOVE』 6月見た映画 >>