『都会のアリス』

c0017295_202858.jpg
『都会のアリス』(1973 西ドイツ)

監督:ヴィム・ヴェンダース
脚本:ヴィム・ヴェンダース
撮影:ロビー・ミューラー
出演:リュディガー・フォクラー 、イエラ ロットレンダー 、リザ・クロイツァー 、エッダ ヘッケル







ヴェンダースの名を知らしめたロード・ムービーの原点。
この後に続く『まわり道』、『さすらい』、と続く「道 三部作」の第一作。
モノクロでっす。

あらすじ

ポラロイドで写真を撮りながら、アメリカを放浪していたドイツ人作家フィリップは持ち金も底をつき、ドイツに帰って旅行記を執筆することにした。しかし、おりしもドイツでは空港がスト、アムステルダム経由で帰ることにするのだが、そのとき空港で出会った女性に娘のアリスをアムステルダムまで連れて行ってくれと頼まれる。



この作品には余計な説明が一切ない。かといって物語の内容に劇的なプロットが組み込まれているわけでもない。場面ごとに変わる、表情や風景が作品のすべてを物語っている。



ヴェンダースの作品は、言葉で言い表しにくい「哀愁」に似たものを私はいつも感じる。この作品に関して言えば、フィリップとアリスのなんともいえない「距離感」。
物語の序盤と終盤ではその距離自体は変わっているものの、決してなくなりはしない。そこにどことなく、「寂しさ」のようなものを感じさせつつ、フィリップは確実に癒されていっているという事実。この辺の表現がヴェンダースはうまい。



あとやはり映像は美しいです。しいていうなら、色々な見方があると思うけど、私はカラーにしたほうがもっと、色々な景色のよさがでたのかなと思いました。



そして何よりこの作品はアリス役を演じたイエラ ロットレンダー。かわいすぎます。とても自然な演技に感じました。私はこのアリス、大好きです。
『みつばちのささやき』のアナ・トレントと同じで魅了されました。


ダコ○・ファニ○グなんてめじゃないなー。。。




まあ、それはさておき、この映画はとても素敵な作品でしたよ。

やっぱり今のところ私は、「ヴェンダースにはずれなし!」です。
[PR]

by s-bill | 2005-09-21 02:02 | 映画(ドラマ)  

<< 『陰の季節』 天祖神社御祭礼 >>