『イブラヒムおじさんとコーランの花たち』

c0017295_3461053.jpg
『イブラヒムおじさんとコーランの花たち』(2003 フランス)

監督・脚本 : フランソワ・デュペイロン
原作・脚本 : エリック=エマニュエル・シュミット
出演 : オマー・シャリフ
ピエール・ブーランジェ
イザベル・アジャーニ



あらすじ

1960年代のパリ。母親が兄を連れて家出し、父親とふたり暮らしの13才のモモは、食料品店を営むイブラヒムおじさんと知り合いになる。父はモモと兄を比べては小言ばかりだったが、イブラヒムおじさんは本当の孫のように可愛がってくれた。そんなおじさんが大好きになったモモ。そんなとき、父が置き手紙を残し、モモを棄てて家を出ていってしまい、彼は深く傷つく。



こんばんは。毎回文体が変わり、一人称も固定できていない、どーも僕です。

僕、こういう話すきなんです。年齢の離れた同姓同士の友情というか、愛情というか・・・。

「ニューシネマパラダイス」とか「小説家を見つけたら」とか「シー・オブ・ラブ」とか、他にも沢山ありますが、とにかく好きなジャンルです。

だけど、これははっきりいって「ふつーーーーー」でした。可もなく不可もなくってとこで。
ちょっと期待し過ぎたか。最後の方はいかにもフランス映画っぽかったですけど。
[PR]

by s-bill | 2005-10-28 03:58 | 映画(ドラマ)  

<< お久しぶり 『東京タワー ~オカンとボクと... >>