『隠し剣 鬼の爪』

c0017295_154227.jpg
『隠し剣 鬼の爪』(2004 日本)

監督 : 山田洋次

原作 : 藤沢周平

出演 : 永瀬正敏、松たか子、吉岡秀隆、小澤征悦、田畑智子、高島礼子、倍賞千恵子、田中邦衛、光本幸子、田中泯、小林稔侍、緒形拳








あらすじ
時は幕末、庄内・海坂藩の下級武士・片桐宗蔵(永瀬正敏)は、かつて自分の家に奉公していたきえ(松たか子)が嫁入り先で虐げられていることを知り、その身柄を預かった。しかし世間の目は冷たく、やがてきえは宗蔵のもとを去っていく。そんな折、謀反の罪で投獄されていた友人の弥一郎(小沢征悦)が脱獄。家老の堀(緒形拳)は、非情にも宗蔵にその征伐を命じた…。



『たそがれ清兵衛』に続いて山田洋次監督が、藤沢周平原作の時代劇小説を映画化した作品。

たそがれ清兵衛がとてもよかっただけに、見る前は設定が似ているような感じだったので、似たような作品に終わってしまうのではと思っていたが、その心配は杞憂に終わった。

設定は幕末なんだけど、現代社会にも通じる社会的な風刺がこめられているようにも感じた。下級武士のどうにもならない辛さ。自分の私腹のことしか考えないお上。このような不条理さと寂しさがとてもよく描かれていた。


松たかこの演技が良かった。あとやはり藤沢作品の特徴である方言も。
[PR]

by s-bill | 2006-02-09 02:01 | 映画(ドラマ)  

<< トリノ五輪 「Sing-A-Longs &... >>