『ひまわり』

c0017295_40837.jpg
『ひまわり』(2000 日本)

監督: 行定勲
出演: 麻生久美子、袴田吉彦、河村彩、マギー、他







あらすじ
ひとりの女性(麻生久美子)が海難事故で行方不明になり、遺体があがらないまま葬式が行われていく。そして、その場に集まった小学校時代の同級生や恋人などさまざまな若者たちが、次々と彼女との思い出を回想していくのだが…。



この作品を見て、自分がなんとなく忘れていたものを思い出させてくれたような気がした。

実は「忘れた」ということは存在しなくて、全てが「思い出せない」だけなのかもしれない。

そして実はそれはとても素晴らしい事なんじゃないのかな。

思い出す喜び。それを語る楽しさ。ふと現実にかえった時の寂寥感。


忘れたらかえってこない。だけど思い出せば蘇る。証として。




さらにこの作品は見所が沢山あった。

終始、抑揚をおさえて演技をしていた俳優陣。特に袴田吉彦はとてもよかった。


そして印象的なシーンの多さ。

とても美しいシーンが沢山あったが、特に最後の浜辺のシーンがすごいよかった。


観終わった後なんとも言えない素敵な気持ちになった。

心地よかった。


機会があったら是非見てください。
[PR]

by s-bill | 2006-02-24 04:01 | 映画(ドラマ)  

<< 「蝉しぐれ」 Raul Midon Ja... >>