2006年 02月 15日 ( 1 )

 

『RIZE』

c0017295_13016.jpg

『RIZE』(2005 アメリカ)

監督 : デヴィッド・ラシャベル

出演 : トミー・ザ・クラウン その他




<シネマライズ>








「この映画のダンス・シーンは早回しではありません」


冒頭に出てくるこの言葉は決して大袈裟なものではなかった。



アメリカでもっとも危険な町、L.Aのサウスセントラル。そこで生まれた「クラウン・ダンス」とそこから派生した「クランプ・ダンス」を紹介しているドキュメンタリー作品。


ほんとにこの作品に出てくるダンスは目を疑うほど「早い」。人間こんなに早く動けるのかと、びっくりするほど。
さらに男女、そして子供も問わず「早い」。ほんと黒人の人って身体能力がすごい。

そしていわずもがな「かっこいい」。特にダンスバトルの「バトルゾーン」のシーンは圧巻。



ただダンスシーンがすごく多いので、かっこいいんだけどもう少しダンサーの個々の背景を描いて欲しかったという部分も。要はもうちょっとだけバランスがよければよかった。



でもほんとにサウウスセントラルという、負の連鎖が恒常的に起こっている場所から、抜け出したくても抜け出せない若者たちの魂の叫びが、ダンスを通じて伝わってきた。このダンスは1度見る価値はありです。



劇中の音楽もかっこよし。
ローリン・ヒルの曲が使われてたのでサントラが欲しい・・・。
[PR]

by s-bill | 2006-02-15 01:05 | 映画(ドキュメンタリー)