カテゴリ:映画(サスペンス)( 7 )

 

『キャット・ピープル』

c0017295_0531839.jpg

『キャット・ピープル』(1981 アメリカ)

監督: ポール・シュレイダー

出演: ナスターシャ・キンスキー, マルコム・マクダウェル, その他






ナスターシャ・キンスキーが見たいがために見た作品。


やっぱり美しすぎる。初めて『パリ・テキサス』で彼女を見たときあまりの美しさにぞっとした私。


この作品の内容はあえてふれません。見たい人は言ってください。DVD貸します。。。
[PR]

by s-bill | 2006-01-11 00:55 | 映画(サスペンス)  

『フォーガットン』

c0017295_2352043.jpg
『フォーガットン』(2005 米)

監督/ジョセフ・ルーベン
脚本/ジェラルド・ディペゴ
出演/ジュリアン・ムーア、ドミニク・ウェスト、ゲイリー・シニーズ 他






すごいです。


やばいです。









超駄作です。ヽ(´ー`)ノ




最初の方はまだよかったんですよ。途中からそれはもう下り坂を転げ落ちるかのごとく・・・。(-∧-;) ナムナム




監督は撮った後、絶対「この映画やばいかも・・・」と思ったはず!!(というか、むしろ思ってもらいたい。)




ミステリーっぽいのに、途中からはもう・・・笑うしかないです。




みなさん。






見なくていいです。
[PR]

by s-bill | 2005-12-07 23:06 | 映画(サスペンス)  

『サベイランス』

c0017295_0563139.jpg
『サベイランス』

出演: ライアン・フィリップ, ティム・ロビンス, その他
監督: ピーター・ホーウィット






あらすじ

若き天才プログラマー、マイロ(ライアン・フィリップ)の親友が虐殺される事件が起きた。事件に疑問を抱き、独自に調査を始めたマイロは、やがて自分の雇い主でもあるカリスマ社長ゲーリー(ティム・ロビンス)に不信を募らせていくが…。



この映画のティム・ロビンスはビル・ゲ○ツがモデルになってるとしか思えなかった。。。。






そんな映画です。。。。
[PR]

by s-bill | 2005-10-21 00:53 | 映画(サスペンス)  

『東京原発』

c0017295_2595780.jpg
『東京原発』(2002 日本)

監督:山川元

出演:役所広司 、段田安則 、平田満 、田山涼成 他







あらすじ

カリスマ都知事(役所広司)の「東京に原発を誘致する!」の一言に都庁はパニック。反対派と推進派が熱い議論を戦わせていた。その頃、プルトニウム燃料を積んで福井へ向かうトラックが爆弾マニアの若者にハイジャックされた。爆弾とプルトニウムを積んだそのトラックが向かう先は、原発誘致問題で白熱する都庁だった……。



結構前にみたんですが、わすれてました。

私の友人はこの映画だめだったみたいですが、私はまあまあ楽しかったです^^;

やっぱ役所広司はうまかったな。だけど、後半の展開はどーでしょーって感じでした。
[PR]

by s-bill | 2005-10-12 02:59 | 映画(サスペンス)  

『バタフライ・エフェクト』

c0017295_1322773.jpg
監督・脚本:エリック・ブレス、J・マッキー・グラバー

製作総指揮・出演:アシュトン・カッチャー

出演:エイミー・スマート、ウィリアム・リー・スコット


「ある場所で蝶が羽ばたくと、地球の反対側で竜巻が起こる」

初期条件のわずかな違いが、将来の結果に大きな差ををもたらす、というカオス理論の一つ。



先日見たこの『バタフライ・エフェクト』という映画はまさにそんな映画だった。

ジャンルで言うと・・・う~ん。何になるんだろう。サスペンス+ラブストーリー+タイムトラベル!?ってことでSF? とにかく斬新な作品です。

映画を見終わった後の素直な感想としては、私個人としてはかなりおもしろかったです。ただ最初から伏線が多くちりばめられていて、話も飛びまくるので集中して見ないと最後に???ってことになってしまうかも。


しかし、ストーリーの骨組みはとても秀逸だと思います。未見の方は是非見てほしいので、あまり触れませんが、共同で監督、脚本を手がけたエリック・ブレス、J・マッキー・グラバーの二人が6年かけて書き上げた、というのは納得がいくところ。ちょっと残念だったのはその6年間の間に、アイデアは斬新なんだけど、大きなくくりとして「脳」とか「記憶」ってものを扱った作品がかなり増えたってことですね。しかし話のスピード感などはとてもよくてかなり楽しめましたが。


あとは出演している俳優陣もよかったですね。アシュトン・カッチャーは名前だけ知ってて初めて作品見たけど、かっこいいですね^^;演技もうまかったし。
しかし注目してほしいのは、アシュトン以外の人々。基本的に全体を通じて、アシュトンはそんなに風貌は変わんないんだけど、周りは場面ごとに大変わり。(ストーリー上当たり前なんだけど^^;)それを見事に演じていました!ほんとに「別人か!?」と思うこともあったし。
特に、レニー役の人は出てくる度に太ってたり痩せてたり!なんと撮影期間中に3週間で9キロも体重を増減させたという、肉体改造ぶり。すごいっす。劇的ビフォアアフター。


そしてあのラスト!!
「切ないハッピーエンド」まさにその通り!!って感じです。


まだまだ劇場でやってるので、脳内フル回転(作品も自分も!)のこの作品見に行ってみてはいかがでしょ~~~!!
[PR]

by s-bill | 2005-05-31 01:31 | 映画(サスペンス)  

『真実の行方』

映画っていろんなジャンルがありますよね。私は特に好きなのが、

ヒューマンドラマとサスペンスなのですが、みなさんこの映画見ましたか??

c0017295_1295490.jpg

『真実の行方』1996年【米】

監督 :グレゴリー・ホブリット
男優 :リチャード・ギア ,エドワード・ノートン
女優 :ローラ・リニー ,フランシス・マクドーマンド






この映画法廷もののサスペンス映画なんですけど、法廷ものってちょっと難しい部分はあるけど、とてもおもしろいので私は大好きです。



       【あらすじ】
大司教惨殺事件で逮捕されたのは、彼の侍者のアーロンという青年だった。売名家と呼ばれている弁護士マーティンは、事件の話題性から無償での弁護を申し出た。あどけないアーロンの表情を使ったマーティンの作戦も、明らかにされていく宅地開発に絡む大司教への恨みや“悪魔払い”の名のもとにビデオに収められた醜聞も、元恋人の検事ジャネットによって次々と提出される物的証拠の前にはなす術が無かった。そんな時、アーロンの精神分析を担当したアーリントン女医がつかんだ事実とは……。




この映画、内容的にもなかなかですがなんといっても見所は『アメリカンヒストリーX』や、『ファイトクラブ』、『25時』(全部おもしろいっ!!)などでおなじみの、エドワード・ノートンのデビュー作というところ。



リチャード・ギアもフランシス・マクドーマンドもいいですがノートンの演技が凄いです!!結構主役を喰っちゃってます。。。(『17歳のカルテ』のアンジェリーナ・ジョリーばりに^^;)


やっぱりサスペンスって最後の「えええええ!?!?」ってのがおもしろいわけで。
ネタばれするから、後は自分の目で確かめて下さい^^


ノートンファンは是非♪


その他ノートン出演の私の好きな作品☆

c0017295_2364589.jpgc0017295_235379.jpgc0017295_2355149.jpgc0017295_2464694.jpg







左から順に
『ラウンダーズ』
『アメリカンヒストリーⅩ』
『25時』
『ファイトクラブ』

[PR]

by s-bill | 2005-02-21 01:33 | 映画(サスペンス)  

『殺人の追憶』

今日はちょっと前に見た映画の話。

c0017295_193958.jpg

『殺人の追憶』(2003/韓国)

【監督】ポン・ジュノ
【出演】ソン・ガンホ/キム・サンギョン/パク・へイル




韓国で実際に起きた未解決連続殺人事件を基に映画化したサスペンス。


見る前は、未解決の殺人事件がどのような形でまとまっているのか気になってました。
サスペンスなので、ネタばれしてしまうので内容には触れませんが、とても奥が深い完成度の高い人間ドラマに仕上がっています。

また俳優陣の演技も秀逸で、重厚さと迫力の中にユーモアを織り交ぜたソン・ガンホ、知性から狂気までを見事に演じ切ったキム・サンギョン、無機質なパク・へイルの表情。

そして、静と動を見事に表し作品に厚みをましている音楽も素晴らしいです。


そしてなにより、衝撃のラスト・・・



最近見たサスペンスの中ではかなりおすすめな1作です。傑作!!
[PR]

by s-bill | 2005-01-29 01:10 | 映画(サスペンス)