カテゴリ:映画(ドキュメンタリー)( 3 )

 

『RIZE』

c0017295_13016.jpg

『RIZE』(2005 アメリカ)

監督 : デヴィッド・ラシャベル

出演 : トミー・ザ・クラウン その他




<シネマライズ>








「この映画のダンス・シーンは早回しではありません」


冒頭に出てくるこの言葉は決して大袈裟なものではなかった。



アメリカでもっとも危険な町、L.Aのサウスセントラル。そこで生まれた「クラウン・ダンス」とそこから派生した「クランプ・ダンス」を紹介しているドキュメンタリー作品。


ほんとにこの作品に出てくるダンスは目を疑うほど「早い」。人間こんなに早く動けるのかと、びっくりするほど。
さらに男女、そして子供も問わず「早い」。ほんと黒人の人って身体能力がすごい。

そしていわずもがな「かっこいい」。特にダンスバトルの「バトルゾーン」のシーンは圧巻。



ただダンスシーンがすごく多いので、かっこいいんだけどもう少しダンサーの個々の背景を描いて欲しかったという部分も。要はもうちょっとだけバランスがよければよかった。



でもほんとにサウウスセントラルという、負の連鎖が恒常的に起こっている場所から、抜け出したくても抜け出せない若者たちの魂の叫びが、ダンスを通じて伝わってきた。このダンスは1度見る価値はありです。



劇中の音楽もかっこよし。
ローリン・ヒルの曲が使われてたのでサントラが欲しい・・・。
[PR]

by s-bill | 2006-02-15 01:05 | 映画(ドキュメンタリー)  

Super Size Me

『スーパーサイズ・ミー』
2004 米  監督:モーガン・スパーロック
c0017295_18234573.jpg


見ましたー、『スーパーサイズ・ミー』

感想を一言で言えば、「おもしろかった^^」




ずっと見たかったこの「人体実験(!?)食生活ドキュメント」。

見ていない人のためにちょっとだけあらすじを話しますと・・・


ブロンクスに住む肥満症に悩むティーンエイジャーが「自分たちが肥満になったのはハンバーガーが原因」と言って訴訟を起こした。この訴訟がいかにもアメリカ・・・
それを受けたマクドナルドのスポークスマンは「自社の提供する食品と肥満は何の因果関係もない。」とコメントを発表。(結局裁判所は「大量に食べたのは本人の責任」といって、原告の請求を棄却。)

そのニュースをたまたまみていたこの映画の監督モーガン・スパーロックは、マクドナルドの言い分はほんとに正しいのか、自分で証明してみたくなり今回のこの企画を閃いたらしい。


その証明方法とは・・・




30日間マクドナルドを食べ続けるっ!!というもの。
そしてこの計画にはルールが4つありまして・・・

1:「ファーストフード店内に存在するものしかオーダーしてはならない(水を含む)」
2:「“スーパーサイズ”を勧められたら、断らない」
3:「全てのメニューを必ず一度は食べる」
4:「朝・昼・夜の3食全てを残さず食べる」


すさまじいルール・・・  


だってアメリカのスーパーサイズのジュースって1,8リットルもあるんですよ!!   信じらない・・・




見る前はただずっと食べ続けて、これだけ体に変化が起きましたよ。的なドキュメンタリーかと思ったら、意外とといったら失礼だけどかなりしっかりと作ってあったのにも驚きでした。



果たして、30日後モーガンはどうなってしまうのか??

後はご自分の目でお確かめください・・・




とりあえず自分はしばらくマックはいいです・・・
[PR]

by s-bill | 2005-01-14 18:09 | 映画(ドキュメンタリー)  

『ディープ・ブルー』

2004年も日にち的にはもうあと1日になりました。思い起こせば1年前、今年の元旦に『灰の記憶』っていうアウシュビッツの話の映画をみて今年が始まりました。

やっぱり人の記憶というのは、曖昧なもので今年は「何月、何日、何を見たか」記録しておきました^^;
今、そのエクセルで作った表を見てみると

どうやら今年は118本見た模様。当初の目標に届かず(TT)この数、多いか少ないかは別にして、ざっと見た映画を振り返ってみると、今年も結構いい映画を何本も見れたのはとてもうれしい。

本日、今年最後(!?)の作品を見ました。

c0017295_5361934.jpg
『ディープ・ブルー』

監督:アラステア・フォザーギル、アンディ・バイヤット
製作:2003年 イギリス ドイツ


いや~年の最後にまたすごい作品見てしまいました!
この映画は、一言でいうと海の生物のドキュメンタリーなんですが、ほんとにすごい!
何がすごいって、映像がすごすぎます。「どうやって、とってるの!?」って場面ばかりで、さすが「製作7年、撮影時間7000時間、ロケ場所200ヶ所」というすさまじいスタッフ達の情熱がこもっている、映画だと思いました。
今年の夏に話題になっていた時に、見に行きたいな~と思っていて結局いけなかったけど映画館で見たらもっとすごかっただろ~な~と思う作品でした。
CG全盛の今、すべて実写のまさにハンパないドキュメンタリーを、興味がある人は是非♪

私的にかなりおすすめです☆

しかし悲しいかな、まだビデオはでてません>< 東京だと1月8日から三軒茶屋の「三軒茶屋シネマ」で21日まで上映するみたいです~。足を運んでみてはいかがでしょ~?(ただし、わざわざいったのにつまらなかったから金返せ、みたいなクレームには一切対処しかねます・・・)

早くレンタルして~~
[PR]

by s-bill | 2004-12-31 05:36 | 映画(ドキュメンタリー)