カテゴリ:映画(ラブロマンス)( 3 )

 

『ビフォア・サンライズ』&『ビフォア・サンセット』


今年の確か頭ぐらいに『ビフォア・サンセット』が公開されていたのでみたいなー、なんて思ってたんだけど、前作の『ビフォア・サンライズ』(邦題は「恋人までの距離」)を先に見ようと思っていたら終わってしまい、ようやくDVDで一気にみました。



c0017295_23575516.jpg
『ビフォア・サンライズ』(1995 アメリカ)

監督: リチャード・リンクレイター

出演: イーサン・ホーク、ジュリー・デルピー







あらすじ

ヨーロッパ横断の列車に乗っていたセリーヌ(ジュリー・デルピー)は隣で夫婦ゲンカが始まったので席を移動すると、隣側で本を読んでいたアメリカ人のジェシー(イーサン・ホーク)と何となく会話するようになる。彼はヨーロッパの一人旅を終えようとしている所。なんとなく意気投合した二人。彼はウイーンで途中下車して、彼女に翌朝まで一緒に街を探索しようと提案する。



この映画は約100分ぐらいの作品ぐらいなんだけど、多分4分の3以上は二人の会話です(笑)

だけど、その会話が非常にいい!


人生の事。恋愛の事。仕事の事。etc・・・
ほんと楽しそうに会話する二人をみていて少しうらやましくなりました(笑)

そして場所もいい。舞台であるウィーンは行った事ないですが、ほんと綺麗なところですね~。だからといってこの作品はそのウィーンの観光地みたいな特別な場所を選んでるわけではなく、普通の町のところでとってるところも好感が持てます。

沢山好きなシーンがあったけど、特にカフェで電話をお互いかけあうふりをしてるシーンは心に残りました。


そして多分、公開当時は二人のその後はすごいみんな気になったんじゃないかな!?

私はすぐ見れちゃったけど^^


c0017295_9564511.jpg

『ビフォア・サンセット』(2004 アメリカ)

監督 : リチャード・リンクレイター

出演 : イーサン・ホーク、ジュリー・デルピー






さあそして、映画の中もそしてなんと実際にも9年経って撮影された続編です。

あれから9年後再会をはたす二人ですが、今度は一晩ではなくジェシー(イーサン・ホーク)の飛行機の時間までの90分がそのまま90分で描かれてます。


DVDの特典映像の中で監督のリチャード・リンクレイターが「この作品は3人(監督と主演2人)の共同作品だ」と言っていた通り、きっとジェシーとセリーヌの9年間や今の心理状態なんかをよく話し合ったんだろうな~と、思いました。


またまた話の大半は2人の会話なんだけど、脚本がいいのかイーサン・ホークとジュリー・デルピーの演技がうまいのか全然飽きる事はなかったなぁ~。ほんと即興なのか?って思うほどリアルだったし。前作同様その後の展開は観客の想像しだいというラストもとてもよかったな。




この2作品は観る人によって好き嫌いが分かれると思います。会話だけで退屈だと思う人も少なくないはず。実際商業的にはヒットしなかったようですし。


しかしはっきり言いましょう。

この作品は私が今まで見てきた恋愛映画で1番かもしれないと!

ほんといい映画に出会いました。多分これからも何回も見るでしょう。

もともと好きだったイーサン・ホークはますます好きになりました。はっきりいって知らなかったジュリー・デルピーも素敵でした。


それにしても『スクール・オブ・ロック』も作れて、『ビフォア・サンセット』も作れちゃうリチャード・リンクレイター監督ってすごい。
[PR]

by s-bill | 2005-12-19 23:58 | 映画(ラブロマンス)  

『きみに読む物語』

c0017295_2192946.jpg
『きみに読む物語』(2004 アメリカ)

監督:ニック・カサベテス
出演:ライアン・ゴズリング、レイチェル・マクアダムス、ジーナ・ローランズ、ジェームズ・ガーナー



あらすじ
とある療養施設で、記憶をなくした初老の女性に定期的に会いに来て、若い男女のラブストーリーを話してきかせる老人がいた。その物語は、1940年、ある夏に出会い恋に落ちたアリーとノアの物語。しかし身分の違いがふたりを引き裂き、アリーとノアは別々の人生を歩むことになるが…。



少し前に見たこの『きみに読む物語』。感想は一言。



すっごくよかった!


久々にいい純愛映画見ました。物語的には「ひと夏の恋→身分違いによる別れ→そして再会…」とよくあるパターンなんですが、飽きることなく最後まで楽しめましたし、じわじわと感動を覚えていきました。
特に主演の若い二人、ライアン・コズリングとレイチェル・マクアダムスはよかったですね。(特にレイチェル・マクアダムスはこの映画ですごいファンになりました!!)自分は二人ともほぼ初見だったのですが、若さにあふれ青春を謳歌する主人公にぴったりだったと思うし、またもう一組の主役を演じた、ジェームス・ガーナーとジーナ・ローランズも名優たるゆえんを発揮していたと思います。
特にジーナ・ローランズは監督のニック・カサヴェテスの実母であり、ニックはキャスティングの際にすぐ母を連想したのかな?ってちょっと思っちゃいました。

ラストのシーンも色々と賛否両論はあるみたいですが、直球がずっと続く物語の中で最後にちょっと変化球投げられた感じで、自分的にはありですし、心に残りました。


DVDでたらもう一回見ます!


[PR]

by s-bill | 2005-08-02 02:19 | 映画(ラブロマンス)  

ふいに

昨日先輩と飲んでて、映画の話をしてたら、もう一度この映画が見たくなった。

c0017295_23545011.jpg
『グリーンカード』

内容的にはそんなに起伏のある映画じゃないけど、ある意味地味に展開していくこのラブストーリーを見た後、自分はすごくいい気分になりました。

明日、ビデオ借りてこようかなぁ~。
[PR]

by s-bill | 2005-01-10 00:02 | 映画(ラブロマンス)