<   2005年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

 

今話題の



今、日テレの番組でのあび○優の発言が問題になってますよね。まあ詳しくはこちら

この問題自体モラルが疑われますが、なんといっても流した側の日テレの関係者の社会的常識というか、モラルの低さが悲しかったりします。こんなの良いか悪いか、小学生でも分別つくと思いますが・・・。まあその後の展開は、ふと気づいたらジャケットしかないCDの中身の行方ぐらいに気にしときます。。。


おまけ


おまけ2
[PR]

by s-bill | 2005-02-24 08:06 | weblog  

『真実の行方』

映画っていろんなジャンルがありますよね。私は特に好きなのが、

ヒューマンドラマとサスペンスなのですが、みなさんこの映画見ましたか??

c0017295_1295490.jpg

『真実の行方』1996年【米】

監督 :グレゴリー・ホブリット
男優 :リチャード・ギア ,エドワード・ノートン
女優 :ローラ・リニー ,フランシス・マクドーマンド






この映画法廷もののサスペンス映画なんですけど、法廷ものってちょっと難しい部分はあるけど、とてもおもしろいので私は大好きです。



       【あらすじ】
大司教惨殺事件で逮捕されたのは、彼の侍者のアーロンという青年だった。売名家と呼ばれている弁護士マーティンは、事件の話題性から無償での弁護を申し出た。あどけないアーロンの表情を使ったマーティンの作戦も、明らかにされていく宅地開発に絡む大司教への恨みや“悪魔払い”の名のもとにビデオに収められた醜聞も、元恋人の検事ジャネットによって次々と提出される物的証拠の前にはなす術が無かった。そんな時、アーロンの精神分析を担当したアーリントン女医がつかんだ事実とは……。




この映画、内容的にもなかなかですがなんといっても見所は『アメリカンヒストリーX』や、『ファイトクラブ』、『25時』(全部おもしろいっ!!)などでおなじみの、エドワード・ノートンのデビュー作というところ。



リチャード・ギアもフランシス・マクドーマンドもいいですがノートンの演技が凄いです!!結構主役を喰っちゃってます。。。(『17歳のカルテ』のアンジェリーナ・ジョリーばりに^^;)


やっぱりサスペンスって最後の「えええええ!?!?」ってのがおもしろいわけで。
ネタばれするから、後は自分の目で確かめて下さい^^


ノートンファンは是非♪


その他ノートン出演の私の好きな作品☆

c0017295_2364589.jpgc0017295_235379.jpgc0017295_2355149.jpgc0017295_2464694.jpg







左から順に
『ラウンダーズ』
『アメリカンヒストリーⅩ』
『25時』
『ファイトクラブ』

[PR]

by s-bill | 2005-02-21 01:33 | 映画(サスペンス)  

こんなの見つけてきました

タモリの中国語ラップ
↑↑
やっぱ小ネタうまいなぁ~~
[PR]

by s-bill | 2005-02-18 03:24 | weblog  

ジュリエット・ルイス

c0017295_8583635.jpg


私が好きな女優さんの一人☆
このジュリエット・ルイス、めちゃくちゃ美形ってわけではないのですが大好きです^^

最初にみた出演作は『ギルバート・グレイブ』なんですが、そっからはまりました。
よく考えたら彼女の出た映画そんなに見てないかも・・・  まあいいか^^;


しか~し、『ギルバート・グレイブ』のような美少女!?キャラもいいが、やっぱこのお方といったら、ぶっとんでる役でしょ~~♪



そこでっ、ジュリエットがぶっとんでる&私の好きな映画トップ2~~~!!!


まずっ
c0017295_0202793.jpg


『ナチュラル・ボーン・キラーズ』


監督 :オリバー・ストーン
出演 :ウディ・ハレルソン  ジュリエット・ルイス トミー・リー・ジョーンズ







そしてっ
c0017295_0355632.jpg


『カリフォルニア』


監督 :ドミニク・セナ
出演:ブラッド・ピット  デイヴィッド・ダコヴニー  ジュリエット・ルイス  ミシェル・フォーブス






両作品とも、ぶっとんだジュリエットが見れます^^ こわかわいいといったところでしょうか。


おし、『カーラの結婚宣言』借りてこよう~~♪
[PR]

by s-bill | 2005-02-17 09:00 | 映画(俳優)  

ラジオって

聞いてる人って結構多いのかな!?

自分は暇な時よく聞いてるのですが、j-waveしかききません^^;(ちなみに周波数は81.3)


ラジオっておもしろいんですよね~~。想像する笑いというか、架空の笑いというか。


今もみうらじゅんと安西肇(タモリ倶楽部のそら耳アワーの人)の番組聞きながら、一人で笑ってました。一人で笑ってるってやばいな・・・
この夜中の2時から4時まで平日は「TR2」って番組やってるんだけど、まじおもしろいんですよ~。さっき安西肇が「戦車」のものまねしてた・・・


J-WAVEの自分的おすすめ番組】

月~金  17:00~20:00 「GROOVE LINE」  
木     22:00~23:50 「OH!MY RADIO(スガシカオ)」
火     02:00~04:00 「TR2(みうらじゅん&安西肇)」
水     02:00~04:00 「TR2(リリー・フランキー&安めぐみ)」
木     02:00~04:00 「TR2(山口智充)」
日     13:00~17:00 「TOKIO HOT100」


ふと家で暇を感じたら、ラジオをつけてみてはいかが!?
[PR]

by s-bill | 2005-02-16 02:56 | weblog  

Spinna B-ill & the Cavemans

c0017295_2205322.jpg
『LIVE!!』
Spinna B-ill & the Cavemans

レーベル: アーロンフィールド






私の大好きなバンド、「Spinna B-ill & the Cavemans」 の新譜がでました!

1st『Humarhythm』での鮮烈なデビューで、ルーツレゲエの新星と謳われ、2nd『サントラ』でその計り知れない可能性と極上のアレンジセンスを見せ付け、3rd『Reggae Train』で邦楽史上最も神(Bob Marley)に歩み寄れたバンドと賞賛されたSpinna B-ill&The Cavemansの嘘偽りない生演奏がギッシリ詰まったライヴアルバム。


ここちよいゆるさが最高のバンドで、このアルバムも初の生音源ですが、めっちゃかっこよく仕上がってます!



しかし悲しいニュースが。




c0017295_13492925.gif


LIVEアルバム発売数日後の突然の解散発表。


とても衝撃を受け悲しかったけど、ファンとして彼らのこれからの活躍を応援したいです。そして彼らの出した4枚のアルバムはこれからも聞き続けていきまっす!最後にもう1枚アルバムとDVDだすみたいだし、それも楽しみ♪
[PR]

by s-bill | 2005-02-13 02:22 | 音楽  

見たい映画

12日から公開する『マシニスト』がすごく見たい~。

c0017295_0412694.jpg
『マシニスト』

監督 : ブラッド・アンダーソン
出演 : クリスチャン・ベイル
ジェニファー・ジェイソン・リー
アイタナ・サンチェス=ギヨン





人間の想像を超えた限界点から始まる物語はいったいどこへ帰着するのか?すでに365日眠ってない男の366日目からのショックムービー。



この映画の主人公は極度の不眠症で365日ほとんど寝てないという設定らしい。
んなバカな!という設定だが(実際のギネス記録は11日らしい)、すごいと思ったのが主人公を演じているクリスチャン・ベイル。
今回の役作りのために30Kgも減量したみたいです。す、すごい・・・。

役作りだからといってそんなに痩せれるものなのでしょうか!?その役者根性に脱帽。。。


この不眠症男の暴走っぷりを早くみたい!!



<マシニスト公式HP>
[PR]

by s-bill | 2005-02-11 00:43 | 映画(雑談)  

1月に観た映画

先月観た映画を紹介します。

以下順番は鑑賞した順。


c0017295_2412414.jpg
『ボーン・スプレマシー』

監督:ポール・グリーングラス
出演:マット・デイモン、フランカ・ポテンテ、ジョーン・アレン、




前作「ボーンアイデンティティ」を観ていたので、観ました。けっこう面白かったけど、自分は前作のほうがよかったかな。話が少しややこしい。


c0017295_247651.jpg
『マッハ!』

監督/ プラッチャヤー・ピンゲーオ
出演/ トニー・ジャー、ペットターイ・ウォンカムラオ、プマワーリー・ヨートガモン


1. CGを使いません
2. ワイヤーを使いません
3. スタントマンを使いません
4. 早回しを使いません
5. 最強の格闘技ムエタイを使います

以上がうたいのこの映画、ストーリーは置いといてアクションは宣言どおりすごいです。ほんとに自分でやってるの!?って場面が多々ありますです。
主人公が織田裕二っぽい・・・。


c0017295_2571218.jpg
『僕の彼女を紹介します』

監督 :クァク・ジェヨン
キャスト:チョン・ジヒョン、チャン・ヒョク



う~ん。この映画、自分的には泣けなかったし、内容もあんまり。。。 いたって普通な感じがしてしまい、泣かせる場面も見え見えだったし。まあチョン・ジヒョンはかわいかったけど。


c0017295_383056.jpg
『恋は邪魔者』

監督:ペイトン・リード
出演:レニー・ゼルウィガー、ユアン・マクレガー



やっぱレニー・ゼルウィガーかわいいなぁ。彼女はシリアスな役もいいけど、やっぱちょっとコミカルな役はハマリ役ですね。「ブリジットジョーンズ」の続編もかなり楽しみ~。


c0017295_317780.jpg
『チーム・アメリカ:ワールド・ポリス』

監督:トレイ・パーカー




アニメ「サウスパーク」を作ったトレイ・パーカーが監督したパペット人形による映画。見た目は「サンダバード」みたいだけど、内容はかなり過激。テロリストとの戦闘シーンとか結構リアルです。あとは会話がかなりおバカ。
いろんな有名人(パペット人形で作られた)がでてくるけど、すごい似てます。とくにこの映画の悪の親玉で出てる、「金正○」とか。しかし残念ながらまだ日本ではこの映画公開されてない。でもそろそろくるはずです~。



c0017295_3233823.jpg
『ロジャー&ミー』

監督:マイケル・ムーア
出演:マイケル・ムーア



「華氏911」「ボウリング・フォー・コロンバイン」のマイケル・ムーア監督の原点ともいえる作品。監督・製作・脚本・主演をマイケル・ムーアが務め、米大手自動車メーカーのリストラ問題に鋭く迫るドキュメンタリー映画。
このころのマイケル・ムーアは文字どおり「突撃アポなし」で取材しているのでとてもリアルなが映像にしあがっています。あとマイケル・ムーアがかなりやせているのがみどころかな?



c0017295_326188.jpg
『スーパー・サイズ・ミー』

監督:モーガン・スパーロック
出演:モーガン・スパーロック


この前書いたので敬称略。



c0017295_3284899.jpg
『ジャッカス・ザ・ムービー』

監督・製作 : ジェフ・トレメイン
共同製作 : スパイク・ジョーンズ
出演 :ジョニー・ノックスヴィル 他



アメリカでCS史上最高視聴率を記録し、放映を真似た多くの視聴者が大怪我を負って社会問題化したMTVのハードコア・パフォーマンス番組「ジャッカス」。これはその番組のまさかの劇場版です。
ほんとおバカです。この人達。初期の「電波少年」をもっと過激にしたみたいな感じだけど、やっぱアメリカはスケールでかいっす。衝撃的映像満載!


c0017295_3353623.jpg
『ドラムライン』

監督 : チャールズ・ストーン三世
製作総指揮 : ダラス・オースティン
出演 : ニック・キャノン、ゾーイ・サルダナ、オーランド・ジョーンズ


あまり日本ではなじみのない「マーチングバンド」。この映画を観てそのかっこよさにしびれました。日本はなんでこういう部活とかメジャーじゃないんだろ~と思った。やっぱアメリカはカレッジスポーツがすごい人気あるからかな~。
最後のバンドバトルの場面はかっこいい!!


c0017295_3421712.jpg
『たそがれ清兵衛』

監督:山田洋次 原作:藤沢周平
脚本:山田洋次 浅間義隆
出演:真田広之 宮沢りえ 田中泯 小林稔侍



前々から観たかったのですが、やっと観れた作品。
見終わった後、なんともいえない感じになりました。はっきりいえるのはこの映画は「すごくいいです」 少なくとも私の中では。でている俳優陣も真田広之を筆頭に各々いい味だしてます。娘役のふたりがかなりいいです。健気で泣けてきます。好きな映画の1本に加わりました。


c0017295_3444166.jpg
『ゼブラーマン』

監督 : 三池崇史
脚本 : 宮藤官九郎
出演 : 哀川翔、鈴木京香、渡部篤郎、大杉漣、内村光良、近藤公園、市川由衣、柄本明



言わずと知れた哀川翔、主演100本目の作品。
劇中では、どちらかというとだめだめな役を演じている翔さんだが、それでもかっこいいと思わせてしまうのはさすが!といった感じ。最後のほうのCGには少し萎えたが、それでもどこか確信犯的B級映画をにおわせ続けていて、そこがまた面白さの一つだと思う。面白かったっす。



c0017295_3522854.jpg
『アダプテーション』

監督:スパイク・ジョーンズ
脚本:チャーリー・カウフマン
出演:ニコラス・ケイジ、メリル・ストリープ



「マルコビッチの穴」のスパイク・ジョーンズとチャーリー・カウフマンのコンビの最新映画。
眠い時観たせいかもしれないが、話がよくわからなかった。(汗)
もういっかい観てみることにしまっす。






以上1月観た映画、計12作でした。


自分的に一番よかったのはもち「たそがれ清兵衛」です。これはいい映画だった。
まだ観ていない方は是非。
[PR]

by s-bill | 2005-02-07 02:43 | 映画(月間)  

誰か買った?

誰か今月の「SWITCH」って雑誌買った人います~??

めちゃみたいけど、行った本屋全部売り切れ・・・・゚   ・(ノД`)ヽ(゚Д゚ )ナクナ ゴラァ!!



何で見たいかって??





それは・・・









( ゚Д゚)ノフォラァヨ!! ---===≡≡≡ω シュッ!  





                               -=≡ω\(`・ω・´)ピタァ!








「ふっふっふ・・・ 落ち着け、茂一」














今月、こんな内容なんですもん。





c0017295_4485499.jpg
Vol.23 No.2(2005年2月号)
特集: 井上雄彦
[スラムダンク、あれから10日後--]

クルマ特集: High-Way
[少年になる術]

2005年1月20日発売
価格945円(税込)



先輩から教えてもらって、本屋を探し始めた時にはときすでに遅し。



本気でみてえっす。





だってスラムダンク表紙やん。






10日後どうなったのか、めちゃくちゃみたいやん。















劇団ひとりとうちの親父、誕生日いっしょやん。







持ってる人、誰かくれ。
[PR]

by s-bill | 2005-02-06 04:50 | weblog  

こんなんありましたけど


































おしてみそ。






































びびった??
[PR]

by s-bill | 2005-02-03 16:28 | weblog