<   2005年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

『アメリカの友人』

c0017295_20254173.jpg
『アメリカの友人』(1977 西独・仏)

監督 :ヴィム・ベンダース
男優 :デニス・ホッパー
    :ブルーノ・ガンツ
脚本 :ヴィム・ベンダース




ほんとここ2ヶ月ほど更新頻度が低い^^;

まあ理由は明白でただ単に映画を見てないから・・・

だからといって日記的なものを人様に公開できるような生活は送っていないので、昔見たのも含め、これからはちょこちょこ小出しに紹介していこうと思ってます。(今だけの決意にならねばいいが・・・)


そしてこの『アメリカの友人』という作品。いわずとしれたヴィム・ヴェンダース監督の初期のころの作品。

はっきりってヴェンダースの作品はこれまで『パリ・テキサス』と『ブエナビスタ・ソシアルクラブ』しか見てなかったんだけど、『パリ・テキサス』はすごいよかったし、『ブエナビスタ~』はとてもかっこいい作品だったので、見よう見ようと思ってたのでまずこの辺からという事で鑑賞。


あらすじ
オークション会場。贋作売りのトム・リプレー(デニス・ホッパー)は絵の不審点に気づいた額縁職人ヨナタン(ブルーノ・ガンツ)に興味を持ち、ヨナタンに持病があることを知る。数日後リプレーはギャングに殺し屋の紹介を依頼される。自分たちの足がつかない様に一般素人がいいという。リプレーはヨナタンを紹介するのだが・・・



ヴェンダースといえば「道」3部作をはじめとしたロード・ムービーが多いけど、この作品はサスペンスです。しかしひとえにサスペンスというジャンルに集約できない作品でもあります。

なんといえばいいんだろうか。観終わった後に「いい映画だなー」と思ったけど、言葉ではなんとも表現しがたいものがあります。デニス・ホッパーはね、かっこいいですよ。電車の中の場面でいきなり出てきた時は、思わず「そこででてくるか!渋すぎるぜ!!」って思ったし。

あとやっぱヴェンダースの作品は撮影の技法に特徴がありますよね。作品全体を通して「赤」を基調としてて、画面の色調とかもちょっと暗い感じでちゃんと計算されている。場面転換の際は1回ごとにフェードアウトしたり(これはジャームッシュの作品でも使ってた)、なによりゆったりとしたあのテンポ。(眠くなるけど^^;)


んなこんなで自分的に今のとこ、「ヴェンダースにはずれなし!」なので、次は道3部作でもみよ~っと。
[PR]

by s-bill | 2005-07-31 20:26 | 映画(ドラマ)  

九十九ラーメン リベンジ編

先日、恵比寿の九十九ラーメンにまた行って、この前食べれなかった1日200食限定の、チーズ山盛の「○究(まるきゅう)ラーメン」を食べてきました。

c0017295_224288.jpg



うーん、これだとよくわかんないな・・・

実は写真とる前に上にのってたチーズを混ぜて溶かしちゃったんで・・・



とにかくマイルドでなかなかのものでした~!
[PR]

by s-bill | 2005-07-28 01:53 | ラーメン  

『コーチ・カーター』

c0017295_312397.jpg
『コーチ・カーター』
(2005 アメリカ)

監督: トーマス・カーター
出演 : サミュエル・L.ジャクソン
     ロブ・ブラウン
     リック・ゴンザレス
     アシャンティ



先日、8月6日より全国で公開されるこの『コーチ・カーター』の試写会に行ってきました。

もともとバスケがテーマのスポ根ものということで、自分のどストライクなので見たいと思ってたのですが、一足早く見れました。

     ストーリー

スポーツ店を経営するコーチ・カーターは高校時代、伝説のバスケット・ボール選手だった。ある日、カーターは母校のコーチとなる。しかし、そのチームは負けてばかりで生活態度もよくない、最悪のチームだった。



内容は典型的なスポ根もの(笑)でした。自分は見ながら話の流れがちょっと『ドラム・ライン』にかぶってるかな?と思ったけど、スポ根映画は大好きですし、何より自分がずっとやってきた「バスケ」の話だったので、おもろかったです。


まだ公開前なので、あまりないようにふれませんが、1番よかったとこはカーターというコーチの役をサミュエル・L・ジャクソンがやったとこですね!時に冷静に、時に熱い「カーター」は演技の幅が広い彼にまさにうってつけの役、ハマリ役だったと思います。


高校時代の部活動のあの熱さを思い出したい人は是非!
[PR]

by s-bill | 2005-07-15 03:10 | 映画(ドラマ)  

『道』

c0017295_18192581.jpg
『道』(1954 イタリア)

監督: フェデリコ・フェリーニ
出演: ジュリエッタ・マシーナ, アンソニー・クイン, その他





イタリアの巨匠、フェデリコ・フェリーニの代表作『道』をこの前見ました。

私はあまり古い映画は見ないので、フェリーニ作品もこれが初でした。


あらすじは・・・

サーカスの芸人世界に憧れるフェリーニが、大道芸人のわびしい浮浪生活を描いた作品。頭の弱いジェルソミーナは、夫ザンパノの女と酒、暴力三昧の生活で自信を失い、何度も彼のもとから逃げようとする。そんな時、ある青年に出会う。ジェルソミーナは彼によって勇気づけられ、夫と生きていくことを決心する。しかし、ザンパノが青年を殺してしまったことから、事態は変わっていく…。




映像は確かに古いです。50年以上も前のモノクロ映画だから当たり前なんだけど。
だけど中身は予想以上のものを感じ取れた。ほんと切ないです。

不器用なザンパノ。
それにけなげについていく、ジェルソミーナ。
一生懸命励ます綱渡りの青年。
なくしてみて初めてわかる、失ったものの大切さ。

この映画が50年たった今でも「名作」といわれているのが、わかったような気がします。


【心に残ったセリフ】
「小石だって役に立っている。君だって、きっと誰かの役に立っている。この小石が無益だと言うのなら、すべてが無益だ」
[PR]

by s-bill | 2005-07-11 09:21 | 映画(ドラマ)  

2004-2005 NBA ファイナル

c0017295_16423035.jpg


世間的にはもうちょっと古くなってしまった話題の、今年のNBAファイナル。自分はリアルタイムで見れなかったため、先日録画していたのを全て見終わりました。

それにしても、おもしろかった~!

毎年おもしろかったっていってる気もしますが^^;今年は1994年以来久しぶりに7戦目までもつれ込んだ事もあり、かなり見ごたえありました。

とはいっても両チームとも持ち味はディフェンスなので一見地味な試合にも見えるんだけど、バスケットを少しわかる人にしてみたらすごい試合でした!


結局シリーズは4-3でスパーズが2年ぶり3回目のチャンピョンに輝き、ティム・ダンカンが3度目のファイナルMVPを獲得して幕を閉じたわけですが、私なりの総括を。



1戦目から順番にしていくのはしんどいんで、全体的にみるとまずスパーズのガード陣はよかったですね。
トニー・パーカーもマヌ・ジノビリもペネトレイトうますぎ^^; この二人はドリブルしてからのジャンプシュートはあまりうたないけど、その代わりガンガンつっこんでくる。しいていうとまだ二人とも波があるかなといった感じ。

それに対してピストンズのガード陣、チャンシー・ビラップスとリチャード・ハミルトンの二人は去年チャンピョンになったという経験も自信になっているのか、いい動きをしていました。
ただハミルトンは、去年のファイナルの方がもっとよかったと思うし、もともと自分でボール持ってから攻めるんじゃなくて、味方のスクリーンをうまく使って、スウィングしてディフェンスをずらしてからパスもらって攻めるってプレイスタイルなので、パスをもらうタイミングがすごい重要になるんだけど、ビラップスが下がった時の控えのPGリンジー・ハンターが出てる時はあんまりいいタイミングでボールをもらえてなかったから、いいシュートうててなかったように思います。

そしてなんといってもビラップスですよ、ビラップス。去年のファイナルMVPの彼ですが、今年もスパーズが勝ったけど、私の中でMVPは彼ですね。だんとつで。あのチームをまとめる力。冷静な試合運び。ここぞという時のシュート。そしてあんまり華がないところw かっこいいです。来年早くまたビラップスのプレーが見たいです。

そんでもって両チームの、フォワード・センター陣はというと、まずみんなフリースロー下手すぎw 特にダンカンと、ベン・ウォレスはひどいねw
まあ冗談はさておき、この両チームのインサイドはなかなかにすごいものがありました。特にピストンズのインサイドのディフェンスは今年のディフェンシブ プレイヤー オブ ザ イヤーに選ばれたベン・ウォレスを筆頭に高いし強い!ブロックもかなりしてました。でもそれでも上からねじ込むダンカンはやっぱすごいんだな^^;

あと、私的に目にとまったのがピストンズのシックスマンのアントニオ・マクダイス。彼がルーキーではいって来た位の時に、一番NBAを見ていた自分としてはこういうベテランプレーヤーが頑張っているのはとてもうれしいですね。

そういう意味で言うと今回のファイナルで一番うれしかったのが、スパーズのロバート・オーリーが大活躍した事!彼は今回の優勝で6個目(すごい!ジョーダンと一緒!)のチャンピョンリングを手にしたわけですが、彼が最初にロケッツでBACK TO BACKをして2度のチャンピョンになった時、ほんとよくNBA見てたので、その時の選手が約10年たったファイナルで、またこんなに活躍するなんてほんとうれしかった。特に第5戦のオーバータイムで見せたダンクと、試合を決めた3Pは鳥肌もんでした。やったぜ!オーリー!!


まあ他にも色々と書きたい事はありますが、きりがないんでまた来年のNBAが面白くなる事を祈りつつこのへんで。


ってかもっと放送ふやしてよ!衛星第一!!! 昔は週3ぐらいでやってたのに~!!

[PR]

by s-bill | 2005-07-10 16:42 | バスケ